運輸安全マネジメント

株式会社ウイング安全報告書  令和2年3月31日
■輸送の安全に関する基本的な方針
私達、株式会社ウイングの従業員一人一人は、御客様に安全で快適な輸送サービスを提供する為、輸送の安全確保を最大の使命とし、全従業員一丸となって最善を尽くします。
①いかなる時も安全を最優先に行動の基本とします。
②安全最優先をモットーに御客様に安心して御乗車いただけるバス会社を目指します。
③輸送の安全に関する法令を遵守し、安全運行を確保する為の環境整備に尽力します。

■輸送の安全に関する情報
令和元年度に設定しました目標及び達成状況は次のとおりです。
① 重大事故ゼロを目指します⇒重大事故発生0件【達成】
② 乗務員全員が1年間後退時の事故ゼロを目指します⇒3件発生
③ 総事故件数前年比半減を目指します⇒4件発生(平成30年度8件発生)
④ 飲酒・酒気帯び運転の根絶⇒【達成】
⑤ 法定速度遵守⇒速度超過違反0件【達成】

■自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
令和元年度の目標 0件⇒結果0件【達成】

■輸送の安全に対する教育研修計画
①国土交通大臣認定機関山城自動車教習所の適性診断(初任・一般・適齢)を
対象者に受診させる⇒法定診断全員受診。
②外部研修機関に安全運転の為の研修(座学・実技)をさせる(年1回実施)
⇒山城自動車教習所にて安全運転講習「オブジェ」受講
③コンプライアンス教育(年度内従業員全員受講)による法令遵守の周知徹底。

■輸送の安全の為に乗務員に対しての重点指導事項
①個別面談や点呼時において、
運転日報を元にデジタコを活用したエコドライブの推進。
急加速・急減速・急発進の防止による安全運転の励行。
②点呼時、アルコールチェッカーにより酒気帯び運転防止の徹底。
③飲酒運転・麻薬等使用運転根絶キャンペーンの推進。
④健康に起因する事故の防止
定期健康診断の受診により、従業員の健康保持に努める。
新型インフルエンザ・ノロウイルス等感染防止に努める。

■輸送の安全の為、乗務員能力向上の為の取組み。
①春秋交通安全運動に参加し、輸送の安全確保に努める。
②年末年始安全総点検に参加し、輸送の安全確保に努める。
③普通救命講習の実施。【令和2年3月5日及び12日実施】16名
④緊急時対応訓練実施。【令和2年3月5日及び12日実施】16名
⑥ 車両習熟研修(車両感覚及び安全確認方法の研修実施)【令和2年3月19日実施】

■輸送の安全に関する投資 765,900円支出
①アルコール検知器の更新【内部センサーユニット交換】     15,000円
【携行型アルコール検知器3台代替】              27,000円
②安全運転研修の実施  31名               310,000円
③インフルエンザ予防接種費用助成 31名           76,900円
④新型コロナウイルス予防対応【使い捨てマスク及び布製マスク】120,000円
【消毒液】                         217,000円

■事故発生状況の推移

年度  事故件数 有責事故 死者数 負傷者数 車両数 総走行キロ
令和元年 4 4 0 0 22 343,339
平成30年 8 8 0 0 24 380,221

■輸送の安全に係る情報の伝達体制及び組織図
①運輸安全マネジメント社内組織図  【別添資料】
②緊急時における連絡・指示命令組織図【別添資料】

■安全統括管理者
総務課長:村上 英志

■一般法人近畿貸切バス適正化センターによる巡回指導
令和元年7月2日 【大阪営業所対象】→指摘・改善事項無し
本社営業所は平成31年12月12日実施

■国土交通省近畿運輸局京都支局による監査
令和2年2月20日【本社営業所対象】→指摘・改善事項無し

■行政処分等
行政処分はありませんでした。

PAGE TOP